こんにちは。
アステップ学習塾講師の宮地です。

模試を開催。本当のライバルは??


先日、塾内で統一模試を行いました。
夏期講習で行った復習を自分の力になっているかを確かめる模試でもあり、中学3年生はいよいよ受験もせまってきて、自分の志望校を決める材料にもなる大切な模試でした。


試験監督をさせて頂きましたが、みんな集中をして取り組んでいました。

なぜ模試を受ける必要があるの?


そんな中なぜ模試を受けるのか分からないという疑問をもった生徒がいました。
どうせ分からないからと投げやりになっていました。
私はこう思います。
必ずしも模試はいい成績をとる為のテストではありません。
もっと言えば分からないところは空欄でもいい(受験間近の場合は別ですが)と思っております。


摸試は本人の弱点を知る絶好の機会です。
定期テストでは、試験範囲はおおよそ勉強しますので短期的な記憶で覚えており苦手なところが浮き出てきにくいというのがあります。
ですが、模試では今までの内容が総合的に出てきます。
しっかり勉強したところは、ずっと覚えられているものです。
反対に勉強が浅かったり、付け焼き刃な知識ではすぐに忘れてしまいます。
模試ではそういう弱点を洗い出す絶好のチャンスだと思っております。
いざ、偏差値や全国順位がでてしまうと、やはり身構えてしまいたくなります。
格好をつけていうのであれば、模試は全国の受験生がライバルではなく、自分がライバルです。できたところは誇ればいいし、出来なかったところは弱点を見つけられたと思い勉強をすればいいんです。
これをご覧の生徒や保護者様の中で、模試を受けるか検討している方は、ぜひ一度うけてみてください。
アステップ学習塾では、中学生は定期月に、小学生は希望制で模試を行なっております。
気になる方はぜひご検討ください。