こんにちは。

アステップ学習塾の宮地です。

今日は生徒からこんなことを教えてもらいました。

「あした」と「あす」の違いって知ってる?

正直わかりませんでした。

意識もした事もなかったです。

聞いてみると、「あす」というのは昔から今日の次の日という意味で現在のあすと同じ意味として使われていたそうです。

対して「あした」は、本来は夕べ(昨日の夜)の反対の意味として「あした」が使われていたそうです。

なので、翌日の朝という意味になります。

それから少しずつ意味が転じて翌日のことを「あした」というようになったと言われているそうです。

へぇーーー全然知らなかったです。

ちなみにさらに調べると「みょうにち」というのは「あす」を丁寧な言い方にしたものを「みょうにち」と言うそうです。

普段何気なく使っている、明日と明日と明日。

こういうところに疑問をもてる子どもの視線は羨ましいものです。

私も日常からなんで?という気持ちを大事にしていきたいと思います。