こんにちは。

ワイズディー石神井公園ジム会長の筒井です。

本日は、多くの方が悩まされている、憎い奴。

あれについて記事をアップ!

今回の記事は、とても長いので腰痛で悩まされていてちょっと興味あるな!と言う方のみ読んでくださいね!

腰痛の種類

一言で腰痛とまとめても、原因はいくつもあります。

思いつくだけ書いてみると。。。

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊椎管狭窄症

・ぎっくり腰(急性腰痛症)

・腰椎分離症

なんだろ?他にもありそうですが代表的なのはこれくらいでしょうか。

時には尿管結石で腰が痛んで、ぎっくり腰かと思ったら違った!何てこともあるそうです。

腰椎の前湾がなく、常に負担がかかっている状態で、ちょっとした拍子で痛みが出ることもあり、本当に腰痛の原因はたくさんありますね。

腰痛が発症したら?

↑腰椎椎間板ヘルニアのMRI画像です^^

 

先ほど言ったとおり、腰痛の原因は様々。

まずは医療機関にて、腰痛の原因を特定しないといけません。なぜなら、発症原因により治療方法が異なるからですね~。まあ、でも基本的に腰痛の場合は「安静」「投薬」が治療となるので、無理して体を動かさず、医療機関にいく。

 

これしかなさそうです。ただし、ここで注意が必要。

行くのは整形外科の病院やクリニック。

第一選択で、接骨院に行くことは私はオススメしません。

接骨院を否定しているわけではありません。

接骨院はレントゲン撮影やMRI撮影をすることができないので、原因特定が難しい(ことが多い)

触っただけで原因特定できるゴッドハンドの方が入れば別ですが。。。

ですので、まずは病院で腰痛の原因特定→電気で温めることやマッサージなどを接骨院で。

と、この流れならいいかもしれませんね!

腰痛を防ぐことはできる?

これこそが、私が会員様にも聞かれる、とても難しい質問かなと思います。

先ほどの通り、原因がわからない場合はなんとも言えない・・・。

ですので、とにかく医療機関で原因を調べてくださ~いとなります。

特に私が知りたいのは、腰椎分離症かどうか?

この病名を診断されたらキックボクシングはしばらくお休みとなります。簡単に言うと腰椎の骨折なので、とても重症です。治るまでに数ヶ月かかる上に、治療法が特にないので、

コルセットを巻いて、ひたすら安静・・・・・。

となります。

しかし、腰椎分離症はお子さんがなりやすいので、大人の方はあまり心配いらないかもしれません。

まぁ。基本的に腰痛発症時は「安静」となることを頭に入れておいてくだされば問題ないかと思います。

 

 

 

で、腰痛を防ぐには??

特に、ヘルニアなどの診断をされていない方の場合、腰痛が将来発症しにくくすることはできます。

どうすればいいのか??

満遍なく体を鍛える。

これがとても大事。

腰椎と言うのは脊椎です(知ってますね^^)

 

脊椎は体の真ん中部分にあるので、大きく分けると、以下の筋肉たちにより支えられています。

腹筋(体の前側)

背筋(体の後ろ側)

腹斜筋(体の横側)

腰椎を支えているこの筋肉たちを満遍なく鍛えることで、しっかりと背骨を支えることができて、体のバランスもよくなり、腰痛が発症しにくい頑丈な体になるのです。

最後にお伝えしたいこと

私自身、スポーツジムに通い、石神井公園ジムの会長として皆様のトレーニングを見たときに、こう感じます。

腹筋はすごくがんばってらっしゃる!すごい!

さらに背筋もがんばってみたらもっとすごい!

と。

筋トレ方法はマシンを使っても、使わなくてもOK。

今ならYoutubeなどでも、たくさんの筋トレ方法がアップされています。

どれがいいと言うのは人それぞれなのでまずは

無理せず。続けられる。

そんなトレーニング方法を見つけてくださいね。
ちなみに、キックボクシングでキックで足を上げる動作。

あれもすごく、腹筋を鍛えることに役立っていますよ!!

で、さらに筋トレ方法としてあなたにあったトレーニング方法を、ネットで探してみたらいかがでしょうか?

と言うことで、いつか怪我をしにくい筋トレ方法を動画にてアップします!

って、全然アップしてないですけど・・・。

 

ではでは、最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

キックボクシング&フィットネス ワイズディー石神井公園ジム
東京都練馬区石神井町3-25-8 2F
03-6913-4484